診療案内

ワキガ

  • 保険診療あり

度合いに合わせて選択できる多汗症・ワキガ治療

汗を発する汗腺には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類があります。2つの汗腺から出る汗のタイプは異なり、エクリン汗腺から過度に汗が分泌される場合は多汗症、アポクリン汗腺の数が多い場合は汗が細菌により分解されてにおいを発する腋臭症(いわゆるワキガ)となります。

  エクリン汗腺 アポクリン汗腺
分布 全身
(特に手のひら・足の裏・ワキに多い)
ワキ・陰部・乳輪
汗の状態 透明で99%が水分で、サラッとしていてにおいもほとんどない たんぱく質・アンモニア・鉄分・糖類・脂肪酸・脂質などの栄養を含み、分解されるとにおいが出る
亢進状態 多汗症 腋臭症(ワキガ)
当院のワキガ治療・多汗症治療の特徴
ワキガや多汗症の度合いに合わせた治療方法をご提案します
手術には傷跡や血腫、皮膚の壊死などのリスクが伴い、また各治療の効果は体質や精神的な要因によって個人差があります。治療前のカウンセリングで多汗症・ワキガの度合いを判断し、ライフスタイルなどもお聞きしたうえで適切な治療方法をご提案します。

多汗症治療

ワキガ症治療
 

ボツリヌストキシン注入法 治療概要

ボツリヌストキシン
注入法
治療概要 多汗症の治療であり、エクリン汗腺の機能亢進状態を抑えるためにボツリヌストキシンを注入(いわゆるボトックス注入)します。神経終末のアセチルコリン放出がブロックされ、交感神経の作用が抑えられることにより、エクリン汗腺の作用を弱め汗の分泌量を減らします。 軽度のワキガであれば、サラサラしたエクリン汗腺の汗の量を減らし、ワキの湿潤環境を改善することで細菌の繁殖・分解が抑えられ、においも軽減されます。 

【このような方におすすめです】
  • ワキの汗の量が多い方(多汗症)
  • ワキのにおいが気になる方(ワキガ)
  • 衣類や下着のワキの汗じみが気になる方
  • メスを使う手術に抵抗がある方
  • 誰にも気づかれずに自然に効果を得たい方
効果・効能 エクリン汗腺のはたらきを弱め、汗の分泌量を減らします。効果持続期間は4~6ヶ月です。
治療案内
治療回数・時間
ボツリヌストキシン
注入法
治療時間 10~15分
治療後の通院 治療後1~2週間のあいだに微調整
麻酔 クリーム麻酔
痛み・腫れ わずかに起こる(個人差あり)
入浴 当日より可

その他注意点
  • 妊娠中の方、神経・筋疾患をお持ちの方、ボトックスに影響を及ぼす薬を服用されている方は治療できません。
  • 治療後は患部をマッサージしないでください。
ご予約・ご相談はお気軽に 完全予約制

0120-916-901

営業時間 12:00 ~ 21:00(月水金)、10:00 ~ 19:00(木土日)

火曜休診

 

剪除(せんじょ)(翻転)法 治療概要

剪除(翻転)法 治療概要 ワキ毛が生えている部分を2~3cm切開し、皮膚を裏返して汗腺を切除する方法です。肉眼で確認しながらアポクリン汗腺を除去し、再び同じ場所へ皮膚を定着させます。もっとも一般的で効果の高い治療ですが、傷が残る、血腫や皮膚の壊死が起こるといったリスクがあります。 

【このような方におすすめです】
  • ワキのにおいが強い方(ワキガ)
  • 肉親にワキガ体質の人がいる方
  • 他の治療では十分な効果が得られなかった方 
効果・効能 アポクリン汗腺の切除により、ワキのにおいがなくなります。
ただし、血腫や皮膚の壊死が起こるリスクがあります。
治療案内
治療回数・時間
剪除(翻転)
注入法
治療時間 1.5時間
治療後の通院 治療後10日間のあいだに微調整1~2回(抜糸を含む)
麻酔 局部麻酔
痛み・腫れ 1~2週間(個人差あり)
入浴 抜糸後より可(胸下のシャワー浴および洗髪・洗顔は当日より可)

その他注意点
  • 内出血が起こる可能性があるため、治療後3~4日は安静、1週間は圧迫固定が必要です。
  • 傷跡の赤みは6~12ヶ月程度残ります。

治療の流れ
カウンセリング(診察)
   ↓
麻酔(局部麻酔)
   ↓
施術(1.5j時間程度)
   ↓
安静後当日ご帰宅いただけます。
また、抜糸後から入浴が可能です。

※ 施術時間、経過は目安であり、実際には個人差があります。

※保険適用疾患の治療の場合、初診・再診料は保険適用となります。保険証をご持参ください。

ご予約・ご相談はお気軽に 完全予約制

0120-916-901

営業時間 12:00 ~ 21:00(月水金)、10:00 ~ 19:00(木土日)

火曜休診

 

ロータリーシェイビング法 治療概要

ロータリーシェイビング法 治療概要 吸引管でアポクリン汗腺を吸い込み、管の中にあるロータリー刃(回転する刃)でカットしてアポクリン汗腺を除去します。コンピューター制御で陰圧により吸引する仕組みです。効果が高い最新の治療であり、比較的傷跡が目立たないのが特徴です。ただし血腫を避けるために厳重な固定が必要で、場合によっては皮膚の壊死が起こるといったリスクがあります。

【このような方におすすめです】
  • ワキのにおいが気になる方(ワキガ)
  • 肉親にワキガ体質の人がいる方
  • 大きな傷跡が残る手術に抵抗がある方
効果・効能 アポクリン汗腺の切除により、ワキのにおいがなくなります。ただし、血腫や皮膚の壊死が起こるリスクがあります。
治療案内
治療回数・時間
ロータリーシェイビング法 治療時間 1.5時間
治療後の通院 治療後10日間のあいだに微調整1~2回(抜糸を含む)
麻酔 局部麻酔
痛み・腫れ 1~2週間(個人差あり)
入浴 抜糸後より可(胸下のシャワー浴および洗髪・洗顔は当日より可)

その他注意点
  • 内出血が起こる可能性があるため、治療後3~4日は安静、1週間は圧迫固定が必要です。
  • 傷跡の赤みは3~6ヶ月程度残ります。

治療の流れ
カウンセリング(診察)
   ↓
麻酔(局部麻酔)
   ↓
施術(1.5j時間程度)
   ↓
安静後当日ご帰宅いただけます。
また、抜糸後から入浴が可能です。

※ 施術時間、経過は目安であり、実際には個人差があります。

ご予約・ご相談はお気軽に 完全予約制

0120-916-901

営業時間 12:00 ~ 21:00(月水金)、10:00 ~ 19:00(木土日)

火曜休診

TOP

予約はこちら

0120-916-901 (火曜休診) 完全予約制