診療案内

小鼻(鼻翼)縮小

傷跡が目立たない治療で小鼻をコンパクトに

上や横に広がった小鼻を小さく狭くするのが小鼻(鼻翼)縮小です。 強調されてしまっていた鼻の穴を小さくすることができ、お顔の印象もやさしく穏やかになります。 鼻の穴の入口だけを小さくする内側切除と、小鼻の外側も切開してより縮小させる外側切除の2種類の方法があります。
当院の治療の特徴
お顔全体のバランスを踏まえて整えます
内側切除は傷跡が目立たないものの、変化の程度が小さいため重度の方にはあまり大きな効果は見られません。 一方、外側切除は十分な縮小ができますが、小鼻のつけ根に傷ができ、傷跡が比較的目立ちます。 当院では、目と目の間のバランスや顔の他のパーツとのバランスなどを考慮しながら、最適な治療方法をご提案させていただきます。

他の治療と組み合わせて最大限の効果を引き出します
小鼻縮小のみではなく、鼻尖縮小などの他の治療と組み合わせることで、美しくスマートな、理想の鼻に改善します。

治療概要

小鼻(鼻翼)
縮小
治療概要 小鼻の内側から切開する内側切除と、外側から切開する外側切除があります。
小鼻全体をコンパクトにするだけではなく、鼻の穴を小さくすることも可能です。
仕上がりは大変自然で、ただ小さくするのではなく顔の黄金比率を意識しながらミリ単位で調整します。

【このような方におすすめです】
  • 鼻の穴が目立つ方
  • 鼻をすっきりと小さくさせたい方
効果・効能 小鼻が小さくなり、お顔全体の印象が落ち着きます。鼻の穴を小さくすることもできます。

治療案内

治療回数・時間
小鼻(鼻翼)
縮小
治療時間 30分
治療後の通院 約1週間後に抜糸
麻酔 局所麻酔、静脈麻酔
痛み・腫れ 約1週間(個人差あり)
メイク・洗顔・入浴 メイク 抜糸後より可
洗顔 当日より可
入浴 当日より可(シャワーのみ)

その他注意点
  • 腫れが引く前に患部を強くこすったりひっかいたりすると、腫れが悪化することがあるため控えてください。

治療の流れ
カウンセリング(診察)
   ↓
洗顔(メイク落とし)
   ↓
麻酔(局所麻酔、静脈麻酔)
   ↓
施術(30分程度)
   ↓
安静後当日ご帰宅いただけます。
また、当日から洗顔、抜糸後からメイクが可能です。
ご予約・ご相談はお気軽に 完全予約制

0120-916-901

営業時間 12:00 ~ 21:00(月水金)、10:00 ~ 19:00(木土日)

火曜休診

TOP

予約はこちら

0120-916-901 (火曜休診) 完全予約制