診療案内

陥没乳頭

陥没乳頭 治療概要

陥没乳頭 治療概要 陥没している乳頭を表面に出す手術です。
放置しておくと、授乳時のトラブルや乳頭の炎症・乳腺炎の原因となることがあります。
見た目を整えるだけではなく、衛生面や将来的なトラブルを考慮しての治療になります。
※仮性陥没乳頭(刺激を与えると表に出てくる)の場合は大きな問題はありません。

手術は乳管を切る方法と切らない方法があります。
一般的には乳輪を切開し、陥没している乳頭の中心部を裏側から押し上げて表に出します。
当院では、各分野に特化した形成外科専門医の女医も勤務しております。
お気軽にご相談ください。


【このような方におすすめです】
  • 乳頭が陥没しており、刺激を与えても表に出てこない方
  • 授乳への影響が気になる方
  • 乳頭のかゆみ・炎症が気になる方
  • 見た目を整えたい方
効果・効能 陥没していた乳頭が表面に出てきて、見た目・衛生面・機能面のどれもが正常に整います。
乳管を傷つけずに手術をするため、授乳機能は損なわれません。
治療案内
治療回数・時間
豊胸
(コヒーシブシリコン)
治療時間 30分
治療後の通院 1~2回
麻酔 局所麻酔、静脈麻酔
痛み・腫れ 約1~2週間(個人差あり)
メイク・洗顔・入浴 メイク 治療直後より可
洗顔 当日より可
入浴 患部を濡らさなければ当日より可

その他注意点
  • 切開場所はとても小さいため、傷跡はほとんど目立ちません。
  • 感覚が鈍ることは基本的にはありません。
  • 乳管を切らない手術法であれば、授乳への影響はありません。
  • 治療後1ヶ月間は、締めつけの強い下着は着用しないでください。
ご予約・ご相談はお気軽に 完全予約制

0120-916-901

営業時間 12:00 ~ 21:00(月水金)、10:00 ~ 19:00(木土日)

火曜休診

TOP

予約はこちら

0120-916-901 (火曜休診) 完全予約制